K's デンタル 上野 歯科医院 案内 院長 スタッフ、設備案内 予防歯科 ホワイトニング ゲノム検診 インプラント

上野 歯科医院 K'sデンタルクリニック 上野駅から2分 昭和通り沿い

医院案内

院長ご紹介 スタッフご紹介 主な診療設備 医院沿革 お問合せ 関連リンク

●院長ご紹介
line

院長 倉代俊哉院長 倉代俊哉 (Toshiya KURASHIRO)

東京大学医学部 非常勤講師
臨床研修指導医
産業歯科医
臨床ゲノム医療学会 ゲノム ドクター 認証医

facebook

K'sデンタルクリニックでは、インフォームドコンセントを心がけております。
モニター画面や模型を用いた判り易いご説明によって、患者さんのご理解をいただくことが、地域のかかりつけ歯科医として大切なことと考えます。

皆様の歯が健やかで美しくあるために、クオリティの高い歯科診療を通してオーラルケア・メンテナンスシステムを確立したいと考えます。

東京大学医学部臨床研修施設として地域医療に貢献いたします。

女性のDrをご希望の方はお申し出下さい。優しい先生が対応いたします。

●スタッフご紹介
line

歯科医師 貫井由紀歯科医師 貫井由紀

日本大学歯学部 補綴学(クラウンブリッジ学)講座
日本補綴歯科学会会員
日本顎咬合学会会員
日本アンチエイジング歯科学会認定医
日本抗加齢医学会

ブリッジ、かぶせ物やセラミックによる審美修復、インプラントなどが専門です。ご相談下さい。

歯科衛生士歯科衛生士 4名
歯科助手 1名

皆様のお口の管理は私たちにお任せ下さい。
ていねいなスケーリング、PMTC、ブラッシング指導でがっちりとガードします。

Be Smile Club は・・
当院の定期メンテナンス・システムをご利用の皆様の笑顔が会員の証です。
イキイキとした毎日をご提供するために、月1回専属の衛生士があなたのお口を綺麗に磨き上げます!
この爽快感は体験するとトリコになりますよ!

ページトップに戻る

●主な診療設備
line

●デジタルX線・
CT診断装置

デジタルX線・CT診断装置

デジタルX線・CT診断装置 <Trophypan Pro> は従来のレントゲンやCTスキャナと比べ、被ばく線量を大幅に削減しながら短時間の撮影で精密な画像データを得ることが出来ます。
(医科用胸部X線の約 1/5、従来の歯科用CTの約 1/3の線量)

3D 画像の撮影時間は12〜25 秒ですが、パルス照射方式により実行照射時間が少なく抑えられます。
1回の撮影で全顎を撮影できます。
デンタル撮影:4μSv
パノラマ撮影での実効線量:10μSv
数本の歯のCT(5x5サイズ):36μSv

最短12秒の高速撮影で正確な画像を得られるので長時間同じ姿勢の維持が難しい小児や、高齢の方にも負担が軽減します。

デジタル画像診断システム
デジタル画像診断システム

X線・CTのデータを基に様々な診断に活用できます。

・インプラントの術前後に精密な診査・診断
・歯列矯正、顎顔面骨折など、広範囲の診断
・顎関節症などで、両側の顎の同時撮影と診断
・歯周病など、全顎や扁顎の診断
・歯内療法、埋伏智歯の抜歯など数本の歯の診断

近隣の医療機関の先生方へ
当院ではCT撮影を承ります。
データはビューワーソフトをお付
してDICOMで提供いたします。
撮影モードは、
17×13.5、17×11、10×10、
17×6(TMJ×2)、10×5、
8×8(TMJ×1)8×8、5×5
(単位cm)の8 種類です。
各診療内容から求められる
撮影領域を、最小限のX線
照射量でサポートします。

被ばく線量の比較図

●手術用治療ユニット
手術用治療ユニット

カウンセリングユニット
カウンセリング用ユニット

患者様とともに歯科医師、衛生士が疲労を感じない治療環境は良い治療結果に繋がります。
チェアのクッションや角度、デジタルX線・CT装置との直結により撮影した画像を直ぐに患者様にご説明できる画像モニター、手術用LED無影灯の照射視野、院内感染防止のためのバキューム装置など、快適さと精密な治療のための環境を追求しました。

●POIC Water
(タンパク分解型除菌水)
および
生成装置ドクタープラス
POIC water生成装置ドクタープラス

中性殺菌水の
殺菌力試験結果
(PDF)

POIC Waterの
用途、使用法
(PDF)

当医院では高濃度の「POIC Water」を生成する装置「ドクタープラス」を活用し、歯周病の治療をはじめとして、口腔内の殺菌や使用器具の消毒にも使用しております。

POIC Waterは口腔内の汚れ(タンパク質)の除去と同時に、嫌気性菌である歯周病菌を活性酸素で死滅させ、最後に次亜塩素酸(HCLO)に口腔内で変化していく電解機能水です。

POIC water●POIC Waterの特徴
・タンパク分解作用がある(バイオフィルムの破壊)
・除菌作用がある
・消臭力がある
・pH(9〜7)が中性に近くむし歯になる心配がない
・薬品は一切使用せず人体には無害

●POIC Waterで殺菌できるもの
ウイルス(B型・C型肝炎ウィルス・ノロウィルス・HIV・MRSA・インフルエンザウィルス・O-157、カンジタ菌など) などほとんどの細菌を僅かな時間で殺菌できます。

<一般的な殺菌・除菌剤との除菌効果比較 >
除菌効果比較

●Nd:YAGレーザー治療器
Nd:YAG Laser

Nd:YAGレーザーは体内の水分や血液に吸収されにくく、組織の内部まで浸透する性質をもっているため、組織凝固能力が強いレーザーといえます。
切開、止血、凝固、蒸散を行うことが得意なレーザーで、歯周病治療等に使用します。
当医院では特に歯髄温存療法に威力を発揮しております。

●炭酸ガスレーザー治療器
レーザー治療器

レーザー光のエネルギーによって出血させずに患部を除去すると同時に、鎮痛・消炎効果があるので、治療後の腫れを抑え、傷の回復が早くなります。
虫歯、歯周病、口内炎、知覚過敏、歯ぐきの黒ずみなどの治療に活用しています。

●ホワイトニング照射器
ホワイトニング照射器

ポリリン・プラチナ・ホワイトニングの施術に用いる照射器です。

●Beyond システム
ホワイトニングマシン ビヨンド

米国NASAの最新技術で生まれた、短時間で安全に歯を白くするオフィスホワイトニング用の光源装置です。

●超音波スケーラー
超音波スケーラーでPMTC

歯の周囲や歯ぐきとの境目の歯周ポケット内に付着しているバイオフィルム(細菌のあつまり)や歯石を破壊し、除去します。歯周病の予防や治療に使用します。

●パイオキュア
パイオキュアでフッ素塗布の効果をアップ

虫歯予防のためにフッ素を歯に塗布する方法が一般的に使われています。フッ素は初期の虫歯を再石灰化によって自然修復させたり、虫歯菌を抑制する効果があります。
「パイオキュア」は歯を一時的に+(プラス)の電位にしてから「フッ素イオン導入」を行うことによって短時間でフッ素を歯に吸収させるために有効な装置です。

●エアフロー
エアフロー

スイス・EMS社のエアフローは、専用の超微細な重炭酸ナトリウムのパウダーをウオータージェットとともに歯に吹き付けて表面のプラークや着色(ステイン)を素早く取り除きます。
歯の隙間など部位や汚れの種類によってパウダーの種類を選択して歯の表面(エナメル質)を傷つけることなく短時間に白い歯を取り戻すことが出来ます。

●ハイドロフロス
ハイドロフロス 歯面洗浄

磁気活性水(イオン水)と1200回/分の断続的なジェット水流により、プラークの結合力を弱めて剥がれ落ちやすい状態にし、同時に隅々の洗浄と歯肉マッサージを行います。

●位相差顕微鏡
イボナ顕微鏡

患者さんのお口の中の汚れをほんの少し採取し、菌の状態を顕微鏡で見ると、歯周病になりやすいかどうか、今はどういう状態なのか、これからどういう状態になっていくのかがわかってきます。
当院では内服薬による歯周病治療を行なう際に治療前後の細菌の状態を顕微鏡で検査比較します。

●無痛電動注射器
無痛電動注射器で無痛治療

極細の注射針を用いて麻酔液をコンピューター制御でゆっくりと注入するため、痛みがほとんどなく、気が付かないくらいの方もいます。
麻酔液を体温と同温に温めておく装置によって効果が更に高まります。

●生体モニター装置
生体モニター装置

インプラントや外科の手術時に体温、脈拍数、心拍数や血圧、酸素飽和度などをリアルタイムで把握します。
安全な治療・手術に欠かせない装置です。

●口腔内カメラ / モニター
口腔内カメラとモニター

肉眼では直接見えない歯の裏側などのお口の中も、小型カメラヘッドで鮮明に拡大して見ることが出来るので、治療や患者さんへの説明に便利です。

●院内感染防止対策

エピオス・エコシステム
(残留塩素濃度補正システム)
エピオスエコシステム本体

認定証

院内感染予防対策として「エピオス・エコシステム」を 導入し、「エピオスウォーター」を院内のコップ水から手洗い水まで、すべての場所で使用しています。
● ほとんどすべての細菌・ウイルス(MRSA・肝炎・エイズなど)を殺菌しますので、安心して治療をお受けください。エピオスエコシステム

患者の皆様に安心して歯科診療を受けていただくため第三者検査機関によるユニットの水質検査を実施した結果、水質検査報告書とともに歯科治療水安全施設認定証をいただきました。
(有効期限2016年11月30日まで)
← 左の写真をクリックするとA4サイズで表示されます。

●院内感染防止対策
口腔外バキューム装置

口腔外バキューム装置

歯を削るときには、鼻粘膜にかからないほどの細かな粉塵が飛び散ります。
患者様が吸い込んだり、診療室内に、飛び散ったりしないように、当院では、身体にやさしい『口腔外バキューム』を導入しています。

●院内感染防止対策
バイオフィルター

バイオフィルター

口腔外バキュームで吸引した細菌、ウィルスを外気に放出しないために、真空装置などがある機械室にはバイオフィルターを完備して封じ込めております。
(写真右)

●院内感染防止対策
タービンヘッド

(エアーフラッシングクリーンシステム)
タービンヘッド

歯を削るときに使用するタービンヘッドは、停止した瞬間に起きるヘッド内の負圧によって血液・唾液・切削粉等の汚染物及びウィルス細菌がヘッド内に侵入することがあります。
当院のタービンヘッドはこれを防ぐために回転停止と同時にエアーを逆噴射してヘッド内のエアー圧を高めるシステムを採用しています。

●院内感染防止対策
HOP (酸化電位水)装置

HOPウォーター(酸化電位水)装置

酸化電位水は幅広い殺菌作用や殺ウィルス作用を有しております。
エイズ、B型肝炎、C型肝炎、ヘルペス等のウイルス、MRSA、インフルエンザ菌、緑膿菌、食中毒菌(O-157含)等のウイルスの殺菌効果があるにもかかわらず、人体の組織に対して、毒性や刺激性あるいは腐食性をほとんど示しません。
冬季にはうがいをするだけでインフルエンザ防止にも効果があります。

●AED (自動体外式除細動器)
自動体外除細動器 AED

万が一に具えて設置しています。
いつでも、どこでも、誰にでも起こるかもしれない突然の心停止(心臓突然死)は、心室細動と呼ばれるものが原因です。
心室細動になると、心臓が血液を全身に送り出すポンプの機能を果たせなくなります。
心室細動に有効な応急処置としてこの除細動器を用いて電気ショックを与え、除細動します。

●医院沿革
line

1954年 台東区浅草橋に大塚歯科を開院
1982年 埼玉県朝霞市に朝霞診療所を開院
1983年 台東区東上野のニッセイビルに上野診療所を開院
1983年 医療法人社団 顕心会に改組、台東区東上野に本部を設置
1986年 隣接するファーストビルに診療所を移転
2012年 2月、新築の高層ビルTIXTOWER UENOに診療所を移転

●お問合せ
line

当院への診療に関するお問合せはこちらへどうぞ

電話でのお問合せ03-6802-8241

診療時間内にお願いします。

診療時間

Eメールでのお問合せ

eメールでのお問合せ←クリックすると通常ご使用のメールソフトが起動します。

●関連リンク
line

facebook K's Dentalのfecebookサイトです。
再生医療研究所

当医院が提携している「歯の冷凍保存」による将来の歯牙移植や幹細胞による再生医療を実用化している機関です。

臨床ゲノム医療学会

ゲノム検査・検診(生まれ持った体質や現在の遺伝子の損傷状態を調べる検査)の普及と、検査結果に基づいた受検者の健康意識改革、生活習慣改善を目的とする学会。

ページトップに戻る

医療法人社団 顕心会 K'sデンタルクリニック
〒110-0015 東京都台東区東上野4-8-1 TIXTOWER UENO 2F TEL:03-6802-8241
Copyright ©2011-2016 K's Dental Clinic All Rights Reserved